読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々是好日 カメラと山と私と

下手の横好き 写真と山とひとり言ブログ

逃げ恥と私

私たちを縛るすべてのものから、目に見えない小さな痛みから、
いつの日か解き放たれて、時に泣いても、笑っていけますように。

どの道も、愛おしい日もあって、逃げてしまう日があっても、
深呼吸して、別の道を探して、また戻って。
いい日も悪い日も、いつだってまた、火曜日から始めよう。
面倒を避けると極限まで行くと食べるのも面倒になり、
息をするのも面倒になり、限りなく死に近づくのではないでしょうか。
生きて行くのって面倒なんです。それは一人でも二人でも同じでそれぞれ別の面倒くささ。
どっちにしろ面倒なら一緒にいるのも手じゃないでしょうか。
話し合って無理な時は時間をおいて、何とかやっていけないでしょうか。
みくりさんは自分のことは普通じゃないと言いますが、僕からしたら普通です。
今更です。とっくに知っていました。大したことじゃありません。
世間の常識からすれば最初から僕らは普通じゃなかった。今更ですよ。

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』最終回のお風呂のシーン。

 

 

f:id:iwaokawaii:20170214112840j:plain

面倒くさい女だったなー

いや、今でも相当面倒くさい。

見つけてくれてありがとう。

手を離されないように面倒くさいのもほどほどにしよう。

と、この台詞を聞いて思った。

 

(写真は旦那さん撮影)